いけばな 幽雅流 生け花 花道 華道 広島 広島市

2019-2.jpg

植物と花器の融合 枝の線がそのまま花器に馴染む

花器の口から延びた枝の曲がりは全く違和感のない姿をしています
あたかもこの花器のために生まれ育ったかのように活けてゆきます 

厳かに華やかに迎春の花たち

ごゆっくり、お楽しみください。

  • _c7a4820.jpg一昨年の個展は初冬でございました。今回、9月初秋の花を皆様にご披露できることになりました。巷は残暑厳しい候ではありましょうが、秋の気配を感じていただけると存じます。実際、我が家の庭や近辺の野山では花材の調達も思うようにはいかないでしょうが、できる限り自然を再現し、どこまで秋を演出できるか。花と花器と花台のコラボレーションも見所として、期待していただけるのではないかと自負しております。ガラス、籠、竹の筒に加え、今回11名の萩焼俊英作家の皆様から花器をご提供いただけることになりました。
  • 幽雅流 創流90周年 広島で生まれ被爆後のヒロシマを乗り越え、歴史を築いてきた初代、先代の憶いと念いを花に込めて挿してまいります。
  • 花器:松浦洞心 写真:キクイヒロシ


 2014.8.1
_c7a4804.jpg幽雅流 創流90周年
池田幽心いけばな展
2014.9.2〜9.8 そごう広島店
本館 8階 美術画廊午前10時〜午後8時
最終日は5時閉場

主催:池田 幽心    協賛:幽雅流 幽雅会
協力:萩焼俊英作家11名 講演:中国新聞社

  • DSCF2700.JPG草木の「生きる」姿に魅了された、幽雅流。四季の花や実、枝や葉は、人の創造を超えた思いがけない表情をしています。その魅力を器に活けることで、かつて山野で見た懐かしく、優しく、時には力強さを見せる一瞬は、植物たちの誇らしげな姿そのもでしょう。「幽」と「雅」。真逆でありながら共存する幽雅流の意匠、美と技がここにあります。人も花も確かに「生きて」います。
  • 写真は、2013 12月14日 床の間にて


 2014.1.21
DSCF2697.JPG身構えて生ける花は どことなく緊張して見えてしまいます 肩のチカラをぬいてを 小さな器に 器がなければワイングラスに 薬味入れに いかがですか


H31.1.10 木曜日


新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて半年ぶりの新着情報です。
昨年はおかげさまで無事全ての展示会
を終えることができました。
個人的な記事も含め、新聞に併せて4
度も掲載していただき、方々から激励
や懐かしさの連絡も頂戴いたしました
。今年も展示会の予定が入ってまいり
ましたので、詳しいことが分かり次第
掲載させていただきます。

20-096L.JPG

たまにね!
昨年2月のパソコン復活によ
ぼとぼちですが、更新しており
ます。
インスタグラムも併せてご覧く
ださい。

インスタグラム
you.garyu
花の道 幽雅流

#幽雅流からでもご覧いた
だけます。
よろしくお願い申し上げます。

ブログは上記薔薇の写真を
ポチっ(クリック)し
てください。


2019年のご案内

◎2019年
 4月18日〜24日
 福屋八丁堀店
 7階美術画廊にて

 松元洋一
 に今年も挿花いたします


日本いけばな芸術展
 4月10日〜15日
 松坂屋名古屋店にて開催

 当流は前期10日〜12日に
 出品となりま

備前育陶会 作品展
 6月4日〜10日
 そごう広島店
 今年も幽雅流の花を併せ
 てお楽しみいただけます

広島いけばな代表作家展
 10月?日〜?日
 未定でございます
 福屋八丁堀店にて開催

 今回当流は?期の?日〜
 ?日です
 大作1 中作2 小品3
 です。決定次第記載い
 たします


予定ですので変更の際は
 その都度更新いたします。