いけばな 幽雅流 生け花 花道 華道 広島 広島市

img_0030.jpg

自然の不思議 目線を変えて花選び

曲がるはずの無い枝 樹木の足元にひっそりと咲く野花
最初からあたかもそこにあったかのように活けてゆきます 

厳かに華やかに迎春の花たち

ごゆっくり、お楽しみください。

  • _c7a4820.jpg一昨年の個展は初冬でございました。今回、9月初秋の花を皆様にご披露できることになりました。巷は残暑厳しい候ではありましょうが、秋の気配を感じていただけると存じます。実際、我が家の庭や近辺の野山では花材の調達も思うようにはいかないでしょうが、できる限り自然を再現し、どこまで秋を演出できるか。花と花器と花台のコラボレーションも見所として、期待していただけるのではないかと自負しております。ガラス、籠、竹の筒に加え、今回11名の萩焼俊英作家の皆様から花器をご提供いただけることになりました。
  • 幽雅流 創流90周年 広島で生まれ被爆後のヒロシマを乗り越え、歴史を築いてきた初代、先代の憶いと念いを花に込めて挿してまいります。
  • 花器:松浦洞心 写真:キクイヒロシ


 2014.8.1
_c7a4804.jpg幽雅流 創流90周年
池田幽心いけばな展
2014.9.2〜9.8 そごう広島店
本館 8階 美術画廊午前10時〜午後8時
最終日は5時閉場

主催:池田 幽心    協賛:幽雅流 幽雅会
協力:萩焼俊英作家11名 講演:中国新聞社

  • DSCF2700.JPG草木の「生きる」姿に魅了された、幽雅流。四季の花や実、枝や葉は、人の創造を超えた思いがけない表情をしています。その魅力を器に活けることで、かつて山野で見た懐かしく、優しく、時には力強さを見せる一瞬は、植物たちの誇らしげな姿そのもでしょう。「幽」と「雅」。真逆でありながら共存する幽雅流の意匠、美と技がここにあります。人も花も確かに「生きて」います。
  • 写真は、2013 12月14日 床の間にて


 2014.1.21
DSCF2697.JPG身構えて生ける花は どことなく緊張して見えてしまいます 肩のチカラをぬいてを 小さな器に 器がなければワイングラスに 薬味入れに いかがですか


H29.8.10 水曜日


いつもHP いや正確にはブログをご覧
下さいましてありがとうございます。


ブログが精一杯な状況でながらくHPは
ほったらかしです。

案内等はブログが最新情報ゆえイベント
終了後のご報告などまで手がまわらない
のが現状と言い訳させてください。


2015年の展示会がただいま途中まで
更新し、公開してはおりますが、便宜
上といいますか、技術的に2014年版
と重複した部分がありますのでご容赦
ください。
また下記以降も書き換えておりません
。後日すこしずつ更新いたします。

20-096L.JPG

復活!
ただ、半年以上の放っておい
たため、自堕落な生活から抜
けきれず、更新が過去のよう
に頻繁にはできません

なんせ写真撮りの習慣がなく
なっておりますので、ご容赦
くださいませ。
これからも薔薇の写真を
ポチっ(クリック)し
てください。


2017年夏秋のご案内


◎2017年
 8月15日〜8月21日
 そごう広島店
 備前育陶会 選抜展
 作家3名による展示会に
 挿花いたします


●広島いけばな代表作家展
 10月19日〜24日
 福屋八丁堀店にて開催

 今回も当流は前期の19日〜
 21日です
 大作1 中作2 小品3
 です。お楽しみに!


予定ですので変更の際は
 その都度更新いたします。